大御神餅

「天の岩戸」神話より
須佐之男命すさのおのみことのいたずらに怒り天照大御神あまてらすおおみかみは天の岩戸という岩屋(洞窟)にお隠れになりました。 そうすると世界中が真っ暗になってしまいました。 黒糖のこし餡はその暗さをイメージいたしました。

天宇受賣命あめのうずめのみことの踊りの盛り上がりが気になって岩屋の戸を少し開いたところをすかさず天手力男神あめのたぢからおのかみが戸を力強く開きました。こうして天照大御神あまてらすおおみかみが岩屋の外に出てくると世界中がまた明るくなりました。岩戸開きの明るさを白きな粉で表現しました。

大御神餅

餅の中には、沖縄波照間産の黒糖と北海道産の小豆を使用した深いコクの感じられる黒糖こし餡、外には、北海道産大豆のやさしい風味の白きな粉をまぶしました。
黒糖こし餡と白きな粉は、岩戸屋自慢の柔らかくコシのある餅との相性もばっちりです。
看板商品の岩戸餅とは違うもう一つのお餅いかがでしょうか。
消費期限:製造日より7日/夏季(7月1日〜9月15日)製造日より5日


トップページへ戻る